所長挨拶

 当クリニックは昭和62年に古川民主病院の歯科として開設し30余年に渡る歴史があります。私たちは皆様の歯と健康を守るため、地域に根ざした、 患者さんに優しく丁寧な対応をモットーに診療を行っています。
診療科目としては、一般的な歯科治療に加え、小児歯科や矯正歯科、口腔控外科などを幅広く行っています。
また、 訪問歯科診療、 インプラント治療や他の歯科医院では対応が難しい埋伏歯の抜歯、 静脈内鎮静法による治療なども行えます。
歯科医師は日本歯科麻酔学会認定医、日本矯正歯科学会認定医·指導医および日本顎咬合学会認定医などの資格を有する特徴ある人材で構成されております。更に当院は、東北大学病院の歯科医師臨床研修施(協力型)や歯科矯正治療に対して保険を適用出来る育成更正医療機関·顎口腔機能診断施設の認定を受けるなどの特徴も有しています。
加えて当院では歯科衛生士による歯磨き指導を中心とした予防的歯科診療にも力を入れており、更に常勤の歯科技工士による迅速で正確な義歯の修理にも対応出来る体制を整えています。

医師・スタッフ紹介

歯科医師名 学会・資格・会員

かわうち みつひこ
河内 満彦
(歯科所長)
歯学博士
日本矯正歯科学会 認定医
http://www.jos.gr.jp/roster/miyagi/
歯学博士
東北矯正歯科学会 評議員
http://tohoku-ortho.org/aboutus


さとう ゆきお
佐藤 由紀夫
(歯科副所長)
日本麻酔歯科学会 認定医
https://bit.ly/2Z6fmZH


こまがた たかし
駒形 貴
(歯科医長)
日本顎咬合学会 認定医


ふじむら さちこ
藤村 祥子
(歯科医長)
歯科医師臨床研修 プログラム責任者


たにぐち たかひろ
谷口 貴洋
(歯科医長)
歯学博士
日本口腔外科学会 認定医
https://www.jsoms.or.jp/


きくち たいき
菊地 大樹
(歯科医員)


なんごう こうえい
南郷 宏英
(歯科医員)

スタッフ紹介

衛生士スタッフ

歯科技工士スタッフ

事務スタッフ

設備


歯科用CT
歯科用CTとは、コンピューターを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断層写真を得ることができる装置です。
インプラント治療、抜歯、歯周病治療、矯正治療など、目に見えない部分の分析や、精密な技術を要するものには、精密な検査が必要です。しかし、従来のレントゲン写真で得られる情報量には限界がありました。
そこで古川民主病院歯科では、通常のレントゲンでは見えない部分を容易に確認し、より診断精度を上げるため3D(三次元)の立体画像を得られる歯科用CTを導入しました。
歯科用のCTはX線照射量が医科用の約1/10で、被爆量が非常に少なくなっており、正確でより安全な検査・診断を行うことで、治療の確実性を高めていきたいと思います。


口腔外バキューム
診療室内の空気をキレイに保つことを目的とした機器です。
歯を削る時には、歯の粉や金属片、唾液、血液など、目に見えないほど細かな粉塵が空気中にたくさん飛び散ります。
口腔外バキュームは、お口の中のバキュームで取り逃した、診療室内のさまざまな細菌汚染物質を確実に捕集するためのものです。


舌圧計

舌は食べ物を飲み込む手助けを無意識に行っています。舌の動きが弱くなると、ものが飲み込みづらくなったりむせやすくなったりします。
握力を測るのと同様、舌の力を測るのが舌圧計です。

施設案内

アクセス

友の会バスもご利用できます。